スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校歯科検診
2011年05月19日 (木) | 編集 |
今日と先週の木曜日の2日間
加古川南高校で歯科検診をしてきました。

最近歯科検診をして思うことは
ムシ歯のある人が本当に少なくなった
ということです。

すべてが健全歯という人がたくさんいます。
素晴らしいことだと思います。

一方で昔と変わらない、
むしろ以前より悪くなったかもしれないことがあります。
それは歯並びと歯垢の付着です。

歯並びの悪い人は以前から多かったですが
ムシ歯が少なくなった分より目立つのかもしれません。
矯正をして直している人も多いですが
まだまだ放置したままの人が多いです。

歯垢に関しては昔から学校で歯を磨く人は少なかったですが
今でも歯垢の付着の多い人が目立ちます。

ただ歯垢の多い人が歯や歯肉が悪いのかというと
必ずしもそうではありません。

歯垢がベットリついていても
歯や歯肉がほとんど問題ないという人もいますし
歯垢がほとんどついていなくても
ムシ歯や歯肉炎になっている人もいます。

その人の菌にたいする感受性や抵抗力が
違うからでしょう。
ですからそれぞれの人が自分に必要な
自分にあった歯垢のコントロールの仕方を
身につけてくれればと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。