スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンテナンス
2006年09月24日 (日) | 編集 |
歯や歯肉の治療が終わった後に
また再発してこないようにチェックをしたり
必要があれば歯垢や歯石などの沈着物を除去して
口の中を良好な状態で維持していく・・・
このことを専門的には「メンテナンス」と言います。

特に重症な歯周病だった人にとっては
この「メンテナンス」の意義は大きいと思います。
以前は、いったん治療が完了すると
定期健診(6ヶ月~1年間隔)になるケースが多かったのですが、
その間に再発して、急性症状がでることもよくありました。
そうならないように、もっと積極的に予防的なことにも
我々がしっかりかかわって、管理していこう 
というのが「メンテナンス」の考え方です。
したがって、定期健診よりも短期間(1~3ヶ月位)で
来院する方が多く、間隔はその経過によって変化します。

当院では、歯周病の治療後、特に重症だった人のほとんどが
この「メンテナンス」に移行しています。
これを続けることで、歯周病も安定し
良好な経過となる人が増えてきました。
患者さんも、専門的なクリーニングを受けることによって
「気持ちがいい」と好評です。

しかし、この「メンテナンス」も
4月の保険改正以後、いろいろと制約ができ
健康保険を利用しての実施は難しくなってしまいました。
非常に残念なことです。
もちろん、「メンテナンス」が重要という
いままでの考え方が変わるわけではありません。
今後も基本的にはこの考えで患者さんに対応するつもりです。
ただ、健康保険を利用したいと言われる患者さんに対して
我々は「保険のルール」という制約を受けてしまうこの現実。

当分頭の痛い毎日が続きそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。